多摩美術大学|卒業制作優秀作品集|絵画学科版画専攻|山本 桃子

卒業制作優秀作品集2018
絵画学科版画専攻

山本 桃子

山と建物

技法・素材:水性木版
サイズ:H650×W1000mm

担当教員によるコメント

山本桃子さんは、木版画という技法を使って、線と余白との関係にこだわって制作を続けている。基本的に木版画は「面」を表現することに適した技法だが、あえて木版を使って「線」を表現することにより、柔らかな独特の表情へと繋がっていると言える。摺りの段階で、足したり引いたりしながらデリケートな調子を作り上げていく。これまでの作品は、形状の面白さやバランスの妙が特徴の一つともなっていたが、今作「山と建物」では、自然な風景をあえて直線と曲線で描きながら、対象を限りなく絞り込むことで、「余白」という空間に表現された静謐な世界へと広げている。そして、鑑賞者はその余白から生まれた余韻にひたり、その静かで豊かな対話を享受できるだろう。

教授・古谷 博子

  • prev
  • next
  • 林 伸太郎
  • 藤枝 愛理彩
  • 飯塚 順子
  • 髙木 里奈
  • 渡邊 華蓮
  • 大石 果林
  • 渡辺 愛梨
  • 山本 桃子
  • 高野 建太郎
  • 櫻井 結理

学科TOPへ