彫刻学科

専門学科科目

1年次

基礎的な造形力を高め、彫刻表現の基礎を学ぶ。

実技・演習

彫刻実技Ⅰ
● 実習1 -現代美術実習-
現代美術制作の可能性や意義について、レクチャーやディスカッション、グループワークを通して学び、個々のミクストメディア制作へと繋げていきます。実習は前期と後期の二部に分かれ、半年間での自身の変化や拡張を体感しながら、表現者としての思考力と造形力を養います。
● 実習2 -塑造実習-
モデリングによる等身大塑造の制作を通して自然秩序の観察及び追求を行います。
石膏取り
● 実習3 -インスタレーション実習-
グループでディスカッションを重ねながら「身体のスケール」を基準とした構造物を作ります。様々な素材を組み合わせるための工法や建築的な視野を学びます。
● 実習4 -木彫実習-
カービング技法による木彫基礎制作。与えられたテーマから具像表現を試みます。

講義

彫刻論A(富士山麓セミナーハウス)
豊かな自然環境の中で演習やゼミを開講し、彫刻芸術への理解を深めます。

2年次

様々な彫刻表現の可能性と拡張性を探求し、自己表現の方向性を探る。

実技・演習

彫刻実技Ⅱ
● 実習5 -実存実習-
五感すべてに等しく意識的になるための方法について、様々な身体的ワークショップを通して学びます。
● 実習6 -金属実習-
金属という物質をまず自分の中に取り込み、自己と彫刻との関係などを実感します。
● 実習7 -石彫実習-
主に石材を用いながら、他素材とのコラボレーションや空間へのアプローチなどにより実在表現の可能性を探ります。
● 実習8 -課題Ⅰ・Ⅱ-
模型サイズのグループ展の企画、設計、作品設置を通して、作品が置かれる環境にまで視野を広げる。また、グループワークを通してディスカッションと共同制作の方法や、より実践的な作品発表の技術を学ぶ。展覧会設計で行うグループ展に出品する作品をブロンズ鋳造し鋳物技術と素材表現の可能性を学びます。

講義

ガス溶接技能講習
溶接技能講習会を受講し、修了証を取得します。
彫刻実技(絵画)
基礎実習で制作した作品及びドローイング作品をポートフォリオとしてまとめ制作します。

3年次

表現力の向上とともに、自己表現の多角的検証から創造力を養う。

実技・演習

彫刻実技Ⅲ
塑 像

● 実習1・2・3・4
 専門工房にて年間4課題制作します。
 (4課題の中で自由に素材選択・変更、工房移動可)

● 造形演習石膏型取り/ガス型鋳造/蝋型鋳造/FRP型取り

※選択自由

金 属
ミクスト
メディア
古美術研究ゼミ
主に京都・奈良方面の古美術研修旅行
課外研究ゼミ
各専任教員が年間6講座開講。
(材料研究、施設・工場見学、展覧会鑑賞など)

4年次

表現者としての自覚のもと、彫刻の専門性と可能性を追求する。

実技・演習

彫刻実技Ⅳ
塑 像

● 実習5・6
 専門工房にて課題を制作します。
 (自由に素材選択・変更、工房移動可)

金 属
ミクスト
メディア

卒業制作

講義

彫刻論B
学外より活躍するアーティストや研究者を招いてレクチャーを開催します。
  • ※例年の実績をもとに掲載しており、変更の可能性があります。